【PCMAX感想】セカンド童貞を卒業した体験談

出会い系(マッチングアプリ)

彼女はいたことは一度ある。

別れてからはまた、Hが出来なくなってしまった。

あの時、彼女が出来たのはマグレだったのか?

そう思い込んでしまう男は多いようです。

そんなセカンド童貞はPCMAXに無料登録一発で解消できます!

今回はセカンド童貞を卒業した体験談についてまとめてみました。


薬剤師がセカンド童貞の喪失に成功

私は28歳の会社員です。大学を卒業して、5年間大阪に就職して一人暮らししています。

いわゆる初体験、つまり童貞を捨てた年齢は21歳で、大学のサ-クルで付き合っている女性がいて、その子との体験が初めてでした。

学生の間は彼女と付き合っていて、卒業を機会に疎遠になり自然に付き合いは解消していしまいました。

学生の時のあだ名は、ジョンといわれていました。少しハ-フ顔をしているからだと思います。

卒業して、製薬会社に研究員として勤めており、現在も新しい薬の開発PJの一員として、働いています。なかなか仕事柄、時間が変則的な勤務なので、出会いがなくて、女性とも知り合う機会がありません。

それでいわゆるPCMAXを利用するようになりました。有名な出会い系サイトなので、不信感というのはあまりありませんでした。

ともすると、無料ということを前面に出して、入会をあおるところが多いので、過去の経験から判断して、用心深くはなっていました。

特に私が、気にしていたのは、サクラ嬢です。

が、サクラ嬢の存在が明らかに見分けがつくので回避するのは容易でした。

複数の女性と付き合うことは、道徳的に後ろめたいものがありますが、やり取りまでは特に問題としていませんでした。

何回かやり取りして価値観とか、趣味とかが同じ女性と会うことにしました。

正確に言うと、何かに悩んでいる女性で、私と価値観が重なる女性を選びました。その女性は桐谷美玲と瓜二つでした。びっくりしました。

出会い系のアプリで、こんな素晴らしい美人がいるんだと思いました。

彼女は、薬剤師をしていて、職場で、上からのプレッシャ-で悩んでおり、その相談相手をしている間に、二人の距離はものすごく縮まりました。

3回目の出会いで、彼女のアパ-トに上がり込み、その次にはSEXまでたどり着きました。

清楚な風貌とは逆に彼女のパフォ-マンスは激しいもので、隣の部屋に聞こえるばかりの大声を上げました。

今のところ、最高の一日でした(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました