美人なスカトロ系AV女優20選まとめ【マニアにオススメ必死】

美人 スカトロ AV女優セクシー女優

美人な顔をしているのに、ゲロ糞大好き。

あんなところやこんなところにも、なすりつけて、こすりつけてド変態ですね。

今回はスカトロ系のAV女優20選について紹介します。

美人なスカトロ系AV女優20選まとめ【マニアにオススメ必死】


川上ゆう(森野雫)

 

この投稿をInstagramで見る

 

S級熟女メーカーVENUS(@in_fo6472)がシェアした投稿

単体(専属)で名も顔も知られている有名AV女優でも、何人かスカトロモノを残してます。

2020年3月現在、新宿歌舞伎町でラウンジバー「Labyrinth」を経営されてる、人気AV女優の川上ゆう。

2004年、近親相姦ものでデビューした川上ゆうは、熟女AV女優として現在も活躍、人気も絶大です。

そんな川上ゆうはSM系出演作品も多く、「首輪の奉仕 犬」「花と狼」では浣腸シーンがあります。

 

浣腸噴射後、軟便、自然便がしっかり出てるのが映されてます。

川上ゆうはアナルの綺麗な女優としても有名ですが、「花と狼」は、排便時にアナルが見えないのが残念。

川上ゆうのアナルファン、本格的SMファンで、スカトロ初心者には「首輪の奉仕 犬」がオススメです。

北条麻妃

 

この投稿をInstagramで見る

 

WATARUN(@watarunrn)がシェアした投稿

2006年、白石さゆり名義で19歳でAV女優デビューしました。

19歳にして大人の色香の漂っていた白石さゆりは、デビュー作から人妻モノ。

2009年より北条麻妃に改名後も、人妻・熟女系作品中心に年間60本以上の出演作品を発表。

 

北条麻妃は、浮き沈みの激しいAV業界の中で、長年に渡り絶大な人気を誇るレジェンドです。

そんな人気の北条麻妃も、2012年の作品「初めての二穴同時 真正中出しFCUK」でアナル・浣腸解禁。

2015年の「美人課長 緊縛大糞漏らし」で北条麻妃は、タイトル通りの緊縛と大量の脱糞を披露してます。

人気女優のスカトロ作品は話題になりましたが、北条麻妃のスカトロ作は、偽糞ではないかと噂されてます。

大槻ひびき

 

この投稿をInstagramで見る

 

大槻ひびき/大槻響/Hibiki Otsuki(@yanhibi0221)がシェアした投稿

昼はOL、夜はキャバ嬢として働いていた大槻ひびきは、スカウトされ2008年AV女優デビューしました。

ハイペースで作品を発表し続け、2016年には「DMM.R18アダルトアワード」で最優秀女優賞を受賞。

大槻ひびきは名実共に、人気AV女優になり、近年は女性向けAV出演作品にも出演しています。

そんな人気の大槻ひびきですが、2010年作品には、スカトロモノもありました。

 

まだ元キャバ嬢の面影が残る茶髪で、現在の大槻ひびきとは雰囲気が違いますが、ファンは必見です。

作品はSMもので、正面開脚縛りマニアにはオススメの「男優桜井ちんたろうの調教日記」。

スカトロマニアにはもの足りないと思われますが、大槻ひびきの浣腸、排泄がみれる貴重な作品です。

原千尋(愛咲れいら)

 

この投稿をInstagramで見る

 

vincent(@japiski)がシェアした投稿

2004年AV女優デビュー後、端正な顔立ちとモデルばりのスレンダーな身体で人気になった原千尋。

デビュー2作品目から放尿ものに出演し、クールなルックスと作品のギャップが評判になりました。

愛咲れいらに改名後も、アナル、中出し、SM、スカトロとハードなプレイを披露。

2013年「美人キャビンアテンダント 恥じらいの脱糞」では、その名の通りスカトロ解禁しています。

 

二穴プレイも得意にしている愛咲れいらですから、アナルもはっきりアップで見れます。

立ったまま開脚しての脱糞は圧巻で、浣腸脱糞ショー含む、全編において大量の脱糞をしてます。

愛咲れいらを知らないスカトロマニアでも、納得の作品と思われますし、愛咲れいらファンなら必見です。

あずみ恋

あずみ恋は2010年、蓮美恋としてAV女優デビューし、同年すぐに現在の名前に改名しています。

あずみ恋は、引き締まったプロポーションと大人びた端正な顔立ちで話題になり、人気を得ました。

そんな清純派美少女、美乳・巨乳系のあずみ恋も、スカトロ作品を残しています。

 

美女が、恥じらいながら排泄をする姿が見たいシリーズ」の第4弾に、美系のあずみ恋は選ばれました。

2013年の「恥ずかしすぎる最初で最後の排泄」が、その作品です。

 

自然脱糞2回、浣腸脱糞1回、放尿2回、放屁は計測不可能というボリュームの、超高画質排泄映像です。

正式なAV引退声明は出していませんが、あずみ恋のAV作品は2015年以降、発表されていません。

南野あかり(朝桐光)

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝桐光(@akari_asagiri)がシェアした投稿

2010年に南野あかり名義でAV女優デビュー、2011年に朝桐光に改名。

2020年3月現在、朝桐光はAV女優を継続しながら、赤坂のキャバクラ「月乃姫」でも働いています。

朝桐光も美形の人気AV女優ですが、監禁緊縛、アナルファック等ハードな作品が多いことでも有名。

2017年の「超極上のスカトロ解禁 寝取られ初糞恥辱」で朝桐光は、初糞を披露しています。

 

朝桐光のはっきり映されたアナルから、ちゃんと脱糞が映されており、塗糞プレイもやっています。

朝桐光は同2017年にもう1本スカトロもの、「美人教師 恥じらいの脱糞」を撮っています。

強制される脱糞は、量が多く長い上に一回では出し終わらない過激さなので、スカトロマニアにオススメ。

及川奈央

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao Oikawa(@naooikawa)がシェアした投稿

200年にスカウトされ、AV女優デビューした及川奈央。

及川奈央はAV女優時代から、地上波テレビのバラエティ・ドラマに出演していたほど人気者でした。

2004年を最後にAV女優は引退した及川奈央ですが、その後はタレント・女優として活躍。

人気絶頂期に引退した及川奈央の残したAV作品は、およそ80本以上です。

 

そんな及川奈央も、スカトロとまでは行かないまでも、アナル、糞汁作品は残しています。

2002年の「裏 及川奈央」では、ペニバン調教、ガチンコアナルファックを披露。

アナルバイブに糞をつけてますし、糞汁も出しています。

そして引退直前の2004年、「堕天使X 」でも及川奈央はアナルセックスを披露。

この作品で、シーツに糞汁のシミがつき、絡み後に及川奈央は恥ずかしがる、可愛いシーンが見られます。

杏樹紗奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

NyoNyo (・ω・)(@nyonyo_000)がシェアした投稿

日本人好みのロリ顔で巨乳の杏樹紗奈は、2008年AV女優デビューしています。

近年出演作品は見当たらず、2020年3月現在、新宿の高級デリヘル「虎の穴」に在籍しています。

正式に引退声明は出してない杏樹紗奈ですが、AV活動を休止した理由はスカトロ作品にあったようです。

その作品は2012年の「父と娘 蛇縛の排泄無残 杏樹紗奈」。

 

ハード系のプレイも厭わずも、スカトロプレイはNGだったそうな杏樹紗奈。

まさか脱糞シーンがある作品とは知らずに、こちらは出演した作品だそうです。

結果、さまざまな現場の行き違いで、杏樹紗奈はカメラの前で、四つん這いの大量脱糞。

深い絶望のなか、杏樹紗奈は実質AV女優引退を決意したと噂されている、曰く付きの作品がこちらです。

前田かおり(石田里奈名)

前田かおりは2011年、AV女優デビュー後、圧倒的な清楚な美しさで、一気に人気女優になりました。

同期に今も現役の上原亜衣、紗倉まな、小島みなみがおり、デビュー当時は人気を競っていました。

2014年にAV引退後は、青山の高級デリヘル「虎の穴」で働いていたそうですが、現在は退店しています。

 

前田かおりの風俗転職は勿論、引退後は無修正ものが流出して、ファンはAV引退後も大騒ぎでした。

そんな前田かおりは以前、石田里奈名名義でAVデビューしていたことも、ファンの間では有名です。

しかもその作品は「美女の太糞と浣腸軟糞」という、スカトロAV(現在、入手不可)。

可愛い顔をした石田里奈こと前田かおりが、アナル全開で軟便をひねり出しています。

まりか

 

この投稿をInstagramで見る

 

🎌Marica Hase🎌(@maricahase)がシェアした投稿

2007年、長谷真理香名義で、まりかは過激着エロDVDでデビュー。

2008年に初写真集でヘアヌード披露後、2009年にAV女優デビューしました。

まりかの唯一のスカトロ作品は、2012年の「恥ずかしすぎる最初で最後の排泄」。

 

ハッキリ見えるアナルから初排泄、そして公開排泄、更には大量浣腸排泄と、脱糞と放尿の連続作品です。

その後まりかは渡米、フランスのポルノ雑誌「Hot Video」で日本人初のカバーガールに選出。

まりかは国際的ポルノスターの道を歩み出しましたが、2019年に乳がんを公表。

2020年3月現在、まりかはYouTube・ブログ・Twitter・Instagram・Facebookで情報発信を継続。

在住のLAで乳がんの手術を受けた報告映像も、自身のYouTubeに投稿しています。

甲斐ミハル

甲斐ミハルは、2009年にAV女優デビュー。

デビュー作から輪姦もので、ガチンコ膣内射精12連発~というハードな現場をこなした甲斐ミハル。

デビュー3作目には早くもアナル解禁、身長170センチとモデル体型の甲斐ミハルは人気になりました。

 

スカトロは、コスプレものの「正義のスーパーヒロイン・スプリームガール」。

「スカトロ脱糞アクメ 2 野糞姿を晒して発情する女たち」が、スカトロファンには人気のようです。

2014年を最後に甲斐ミハルの出演作品は途絶え、2015年に引退表明。

吉原のソープランド「ランドマーク」に、既に甲斐ミハルは転職していました。

現在お店のHPが閉鎖されてる為、確認はできませんし、AV復帰の噂も聞こえてきません。

優木あおい

優木あおいはAV以前は歌手活動もしていて、「まきあん」名義でCDもリリースしています。

乙女チックな歌詞は優木あおい自らが作詞しており、コスチュームもリボンを頭につけフリフリ衣装。

そんなアイドル然としてた優木あおいが、AV女優デビューしたのがCDデビューと同じ2009年。

当初は清楚系・アイドル系のイメージビデオでしたが、翌2010年には人妻・アナルものを発表します。

以降、SM、スカトロ系を中心にした、ハードな作品を優木あおいは発表しつ続け、人気者になりました。

特にスカトロファンには、総勢19名のAV女優出演、2012年の「アナル無○正オナニー20連発4時間」。

2013年の「まじスカオフィス スカトロOL 激糞まみれ中出しレイプ」が、話題を呼びました。

共に複数のAV女優出演の、優木あおいはその一人でしたが、全員が糞尿まみれの凄い作品です。

2020年3月現在、優木あおいの公式Twitterでは、自らをネガティブ自由人、乙女な変人と称してます。

柳田やよい

柳田やよいは、2002年に本上はるか名義でAV女優デビュー。

2006年、20代後半になり柳田やよいに改名後、人妻・熟女・OL・母親役の出演作品が激増しました。

再び出演作品が減ってきた2011年、柳田やよいは「肉便器育成所 ~鼻フック緊縛二穴姦~」を発表。

その後、「奴隷サーガ5 M陰獣の帰還」で、アナルに続いて初スカトロも披露しています。

こちらは自然排便・空気浣腸&放屁・鼻フック&緊縛はありますが、オナニーとSEX中心の作品です。

柳田やよいファンではない、コアなスカトロファンには、いまいち物足りない作品となっています。

2013年、柳田やよいは自身のブログで引退表明、SNSもやっていないので、情報が途絶えています。

槇原愛菜

槇原愛菜は2013年に、巨乳AV女優としてデビューしました。

Gカップの巨乳美少女アイドル路線でスタートした槇原愛菜でしたが、すぐにハード路線に変更。

変態痴女、陵辱系になった槇原愛菜は、2016年に「超極上の脱糞解禁」でスカトロ解禁。

スカトロ路線は続き、引退前の2017年「囚われの糞豚奴」は、大量の脱糞、糞尿まみれの作品です。

槇原愛菜は「スカトロクィーン」と呼ばれるようになりましたが、そのままAV引退。

引退前から槇原愛菜は風俗に転職、渋谷デリヘル店「輝き」で、ワカサという源氏名で勤務していました。

そして実はAVデビュー前から、槇原愛菜はソープ嬢をやっていた事も判明。

2020年3月現在、槇原愛菜は吉原のソープ「金瓶梅」に勤務、自身のTwitterで、予約も受付けています。

篠めぐみ(碧しの)

篠めぐみは2009年、貧乳ロリ系AV女優としてデビューしました。

2010年、公式ブログで引退を発表しましたが、2012年頃より碧しのに改名、活動を再開しました。

篠めぐみ名義時代の2012年、「悶絶大量浣腸2穴ファック!」でアナル・牛乳浣腸プレイを披露。

ローターを捻じ込まれ、バイブで掻き回されるアナルには、合計2500ccの大量の浣腸が施されてます。

2穴同時ファックでの総アナル中出し回数は8発と、篠めぐみは陵辱物マニアに高く評価されました。

2013年の「麻薬捜査官 菊門狂乱拷問」でも、尻指から尻バイブ、浣腸&ドリル責めと、2穴拷問を披露。

2穴3穴、レズ、スカトロ、拷問ものと、篠めぐみ→碧しのは、ハードなプレイを得意とし続けてます。

佐伯奈々

佐伯奈々は2007年、佐伯なな名義でAV女優デビューしてます。

佐伯ななは、モデル級の身長170㎝の長身とスレンダーボディ、爆乳Gカップと美脚で話題になりました。

佐伯奈々に改名後は、アナルに拳を挿入というハードプレイを披露、マニアに絶賛され人気がブレイク。

2008年、「苦悶式 初脱糞発狂・2穴中出し激姦」で佐伯奈々は初脱糞しています。

この作品で大量放尿飲尿・豆乳浣腸逆噴射、さらにアナル激潮吹き2穴中出しと、ハードプレを披露。

そんな佐伯奈々は2009年の引退表明後、2010年に一時復帰しました。

タイトルは「初脱糞・2穴中出し激FUCK リミテッドWパック」ですが、実は初脱糞ではなかったです。

そんな佐伯奈々ですが、2011年の撮影会を持って、惜しまれながらAV業界から引退しました。

木村つな

 

この投稿をInstagramで見る

 

ユープランニング(@youplanningdvd)がシェアした投稿

木村つなは2012年、貧乳ロリ系AV女優としてデビューしました。

デビュー時18歳だった木村つなは、2012年だけでなんと120本というハイペースで作品を発表。

ロリ系美少女好きの男たちに、木村つなが如何に人気があったのかわかります。

2016年、木村つなの作品で最もハードな「初スカトロ解禁!!コスプレイヤー 監禁スカトロ凌辱」発表。

こちらはアナル、放尿・脱糞、偽糞と思われますが塗糞SEXと、スカトロプレイのオンパレードです。

20代になっていた木村つなですが、身長149cmで貧乳のため、ロリータ・コスプレ好きにもオススメ。

木村つなは2020年3月現在、AVは引退したようですが、霧宮てん名義でTwitterをやっています。

三浦あいか

三浦あいかは1995年、スレンダーボディの美形AV女優としてデビュー。

茶髪にショートヘアが明るい印象でしたが、実際は精神的に病んでおり引退と復帰を繰り返しました。

1999年に三浦あいかは、4度目のAVデビュー後、多くの作品に出演するようになりました。

2000年の「白衣の隷獣」 では、看護婦姿で緊縛、放尿、アナルバイブ・糞汁を披露しています。

コアなスカトロファンには物足りない内容かもしれませんが、三浦あいかファンには衝撃作でした。

三浦あいかはAVと並行し、ストリッパーとしてもデビューしますが、2002年に4度目のAV引退。

その後ストリッパーも引退しますが、再びAV復帰と引退を繰り返し、三浦あいかは今も現役AV女優です。

三原ほのか

 

この投稿をInstagramで見る

 

三原ほのか(@mihara_honoka)がシェアした投稿

三原ほのかは2015年、巨乳AV女優としてデビューしました。

ロングヘアーで、あっさり系のかわいい顔をした、どちらかと言えば癒し系AV女優の三原ほのか。

ところが三原ほのかは、現役屈指の変態ハードコアAV女優と呼ばれるほど、ドM系作品が多いです。

デビュー年に早くも「解禁!アナル中出しFUCK」、「強制アナル病棟」、「マニアの生贄」を発表。

「マニアの生贄」では緊縛・放尿・浣腸を披露していますが、スカトロファンの好きな脱糞はなし。

2016年の「クチ・マ●コ・アナルどの穴でも男汁なら全部飲む!小便ザーメン3穴ごっくんファック」。

こちらも、全穴で精子&小便をガブ飲みをコンセプトした作品ですが、脱糞はありません。

コアなスカトロファンには物足りないかもしれませんが、三原ほのかファンは必見と思われます。

泉まりん

泉まりんは2005年に、アイドル・ロリータ路線でAV女優デビューしました。

2006年には早くも「騙されて、初めてアナルに挿されました」で、アナルファックデビュー。

泉まりんは今も伝説のゲロ吐きを大得意とする、スカトロAV女優の道を歩み出しました。

ゲロだけではなく、泉まりんは浣腸脱糞モノでも、マニアには好まれたAV女優でした。

 

そんな泉まりんの代表作は、2008年の「ゲロ浣腸エクスタシー ソドム」。

大量浣腸され吊るされている、共演AV女優の夏芽涼の肛門の下で、大きく口を開いて構える泉まりん。

泉まりんは、噴出された下痢便を直接口で受け止めると、そのままボウルの中に大量ゲロ。

マニアックなスカトロファンにはオススメです。

美人なスカトロ系AV女優20選まとめ【マニアにオススメ必死】

コメント

タイトルとURLをコピーしました